ブログ

最新のお知らせ (下から上に日付が若くなります。日付順にお読みいただくと順序ただしく読めます)


2016年3月18日 : 過去も変わる
 過去の出来事は変わらないけれど、過去の出来事に対すると捉え方は変わることが多々あります。過去にいじめられた記憶が鮮明にあっても、それらの過去を広く大きく見てみたら、自分にも悪いことがあったなあ~と内省するところも少なくないのです。
 私には現在、祖母がふたり、健在でいます。父方の祖母は今年91才、母方の祖母は87才、ともに超元気ばあーさんです。特に、近くにいる父方の祖母は、和道の庭の草むしりや掃除をしてくれて、本当に助かっています。このばあーさんがいなければ和道は保てない。
 母方の祖母は少し離れたところに居るので、それほど会う機会はありませんが、実はこの二人の祖母と私は血は繋がっていないのです。
 父の母は父が生まれると同時に亡くなり、母の母は、母が4歳の頃、亡くなりました。父と母のところに継母として嫁いできたのが、今の二人の祖母なのです。
 継母と子の関係は、想像に難しくなく、簡単なものではなかったようです。昔ながらの大家族の中で育った両親は、継母からのさまざまな仕打ちに耐えて生きてきたと云います。特に、父の父、わたしの祖父は若い頃からパーキンソン病を患っていましたから、父は両親から可愛がられた記憶がまったくないといいます。
 父は昭和25年の生まれですから、当時はまだ加工ミルクのない時代です。生まれると同時に母が亡くなったので父はヤギの乳で育ったと言います。そして、寝るのも面倒を見られるのもすべて自分の祖父母からであったのです。そんな父にとって、継母は怖いだけの存在であったと言います。パーキンソン病の祖父は父を可愛がることも出来ず、継母から守ることも出来なかったので、父は自分の祖父母から守られて育ったのです。
 私も今の祖母との想い出は、小さい時にさかのぼれば遡るほど、辛いことが多くなります。言葉に出せないこともあります。しかし、今おもうと、祖母は祖母で不運な境遇に育ち、大変な家に嫁に来たのです。(つづく)

 祖母が嫁いで早々、祖父はまだパーキンソン病と診断されていなかったのですが、パーキンソン病の症状があったと言います。無表情、無感覚はパーキンソン病の一症状ですが、父が生まれた直後からそれらはあったというのです。
 農業をなりわいにしていましたが、動きのおぼつかない祖父に代わって祖母は一生懸命畑仕事をしていたのです。祖母もわたしの両親と同じように小さい頃に自分の母を亡くし、さらに父までも早くに亡くしていました。父親代わりの兄に育てられたといいます。祖母も幼少の頃から苦労の連続だったでしょう。そこへ嫁ぎ先の婿が病気がちだったわけですから、やるせない気持ちになるのも無理はありません。
 そのような状況下で、嫁ぎ先の子を可愛く思えなかったことは、無理のないことだったかもしれません。
 成人した父は、家を飛び出そうとおもったことは一度や二度ではないようです。しかし、男兄弟はおらず、育ててもらった自分の祖父母も高齢で、家を出ることは結局できなかったと言います。そんな中で父も結婚し、わたしが生まれるのですが、血の繋がらないわたしを祖母は受け入れるはずもありません。
 幼少期の私は、家の中の不和を常に感じていました。父と祖母が会話したことを見たことがなかったのです。
 祖父のパーキンソン病は進行し、言葉はほとんど出なくなりました。そして、ある初冬の日、肺炎をこじらせて、ついに植物状態になってしまったのです。祖父の植物状態は3年間続くのですが、この介護は祖母が中心に自宅で行うのです。祖母は幼少の頃から苦労の連続だったのですが、50代になってもその苦労が消えないのですから、人生とはいかに無情なものだとおもってしまいます。
 しかし、その頃、父がマクロビオティックとの出会いがあったのです。人生の病気と不幸は食べ間違いから来ることを知った父は、食生活の見直しに取り組みだすのです。(つづく)
2016年2月9日 : 耳をすませば
 わたしの道場(和道)から2キロほど離れたところに私鉄(上信電鉄)が走っています。1時間に往復それぞれ1回ずつしか走らない超ローカルな鉄道です。
 昼間の時間は電車の走る音はまったく聞こえなのですが、早朝や夜静かになった時、ガタンゴトンとかすかではありますが、電車の走る音が聞こえます。昼間も早朝も夜も、電車の音は変わらないのに、私たちの耳は早朝と夜しか電車の音を捉えることができません。昼間は車の音や工場の音が、私たちの耳で捉えているわけではないのですが、電車の音を掻き消しているのだとおもいます。
 私たちの身体もまた同じで、静かに耳をすませば聞けえるものが、さまざまな雑音で認識できていないところが少なからずあります。
 食と呼吸を静めると体を流れる血液の音まで聞こえてきます。体を静めたら耳鳴りがしたとか、イライラしたというのは、それ自体が排毒反応ですから、有難いものです。食と呼吸を慎んで体と心を静めるということは、いわゆる瞑想にあたるのですが、特別なことはなく、ダレでもドコでもイツでもできることです。
 私たちの体はさまざまな情報が詰まっています。人間は一度あたまに入ったことは、絶対に無くなりはしないと云われます。ボケの前兆で「あれ、あれ」発言が多くのなるのは、頭から出てこないだけで、頭から消えてしまっているわけではないのです。
 ご先祖さんからの情報もまた同じです。私たちの遺伝子にはあらゆる先祖の情報が書き込まれていると云われます。
 食と呼吸を慎み、瞑想が深くなってくると、さまざまな記憶がよみがえってきます。小さい頃の想いでも、先祖の体験した遺伝子の記憶も時にパッと出てくることさえあるのが生命の不思議です。
 そして、私たちの血液がキレイになってくると、その記憶のヨミガエリにあるおもしろい変化があることを体験することができるのです。(つづく)
2016年1月27日 : 断食・半断食は体と心の中掃除
 年の瀬の大掃除、日本では恒例ですが、大掃除でケガをしたり、疲れ切って寝正月になってしまったりすることが時にあります。
 大掃除は日々の掃除と時に行う中掃除があってはじめて成り立ちます。日々の掃除がおろそかで、時の中掃除ができていないと、暮れの数日だけの大掃除では家の中はキレイになりません。
 ひるがえって、私たちの体も同じです。日々の食事と生活が秩序正しいものであれば、時に風邪をひいても治りが早く、かえって風邪の効用があって、ひく前よりも元気になります。風邪は万病の元といわれますが、これは日々の食と生活が無秩序の人に当てはまる言葉であって、日々の食と生活が秩序正しい人には風邪は厄落としそのものです。
 ですから、日々の食と生活に秩序のある人には特別、断食や半断食は必要ないのです。断食や半断食が必要な人は、日々の身心への掃除が十分でなく、過去からの毒素の蓄積が多く、掃除が追いつかない人に重要な意味を持つのです。あるいは、何か自分への満足感が薄く、いわゆる自己肯定感が弱く、自己否定感の強い人には、人生革命の一歩としてはとても大きな一歩になるものです。
 人生の大掃除というものは、毎年あるものではなく、メグリあわせによって、人さまざまに突然引き起こされるものです。病であったり、事故であったり、事件であったり、人によりそれぞれです。これらの人生の大掃除を乗り切っていくには、やはり日々の秩序正しい食と生活が基礎となります。その上で、年に一度、あるいは病を抱えている人であれば年に数回、断食や半断食の中掃除をしておくと、しっかりと大掃除を乗り越えて、人生が晴れて、運が開けてくるものです。