観を育てる

 我が家の子どもたちは、夜、時に布団の上で大運動会をすることがあります。起きている間はもちろん、大騒動ですが、寝静まってからも一呼吸置いて大運動会がはじまることがあるのです。あっちへ行き、こっちへ行き、と部屋を一周することもあります。これはもちろん寝相のことです。
 普段はそれほど動き回らないのですが、時にもの凄い寝相で親の顔の上に足が乗ってくることもあります。
 数年前に観た芸者さんが主人公の映画がありました。その中で夜寝ている間中寝返りを打たずに微動だにしないよう寝相においても鍛錬する場面がありました。これは昼間の稽古で心身ともに力を出し切ったその結果として、質のよい深い睡眠の表層現象として寝ている間微動だにせず、ということがあらわれるのです。
 寝相も心身の浄化作用です。昼間溜め込んだ余剰エネルギーを夜寝ている間に無意識に発散しているのが寝相における動です。一方、心身ともに無理なく、無駄なく、ムラのない状態にあると寝ている間であっても微動だにしないのです。これは静。メリハリという言葉があります。これは陰陽の別名ともいえます。
 子どもたちは日中に十分に遊び疲れないと夜にその余ったエネルギーを寝相で発散させているのです。それが大人になると不眠症になってしまうのです。
 心身ともに「出し惜しみせず」その場その場でまさに一所懸命、ちからを使い切る。そうすると何よりも心もからだもスッキリして身が洗われる。力を出し切ることによってからだに滞っていたものが流れ出し、浄化されていくのです。さらにはカンが育ってくる。小さな子供であれば感が育ち、もう少し大きな子供であれば勘が育ち、大人であっても観が育ってくるのです。カンを育てるとは心身の浄化のことなのです。
 和田重宏さんの『観を育てる』(地湧社)という本があります。その中で「出し惜しみしない生き方は行き詰らない生き方の基本だ」とあります。食養的に解釈してもとても納得する言葉です。
 出し惜しみしないとはちからを使いきる、やりきる、ということであり、食とからだの関係の上では食べた食物を消化しきる、吸収しきる、排泄しきる、ということです。
 消化吸収、排泄がしきれない食物をからだに摂り入れているとからだはコリや痛みや痒みとなって生理的症状としてあらわれます。心理的にも怒り、恨み、妬みなどの心のコリとして表出するのです。
 「疲れ」というものを考えてみてもそうです。疲れは心身のコリです。ちからを出し切らない、発散しきらない、コリを解消しきらない、それが疲れの本当の原因です。
 熱い夏、ただそこに居るだけで汗をかくとおもいます。汗をかくと皮膚がベタベタして嫌な感じになることもあります。しかし、からだを充分動かし、汗をかききるととても清々しく、爽快感がでてきます。汗ひとつとっても「かききる」とコリがほぐれてからだが浄化されていくのです。
 陽性な人ではからだを弱アルカリ化させるお茶や椎茸スープや野菜スープなどを摂りつつ汗をかききることが重要です。一方陰性な人では梅干や梅生番茶、醤油番茶などの塩気を摂りつつ汗をかききると心身ともにすっきりします。
 行き詰るとは心身にコリがあるそのことを行き詰って教えてくれているのです。「からだと心にコリがあるよ」と行き詰り自体が教えているのです。行き詰まりは「生き詰まり」であり「息の詰まり」です。
 行き詰ってしまったら、呼吸という陰陽を調え、食の陰陽を調え、断食や塩断ち(無塩食)をして胃腸のコリをほぐすことです。何もしないことでからだの中では溜まった毒素を「排毒しきる」ちからが強くはたらきます。仕事にしても遊びにしても家事にしても子育てにしても「やりきる」こと、一方、からだの中では毒素を「排毒しきる」こと、それが行き詰らないコツであり、観を育てるコツであるとおもうのです。

共感と自然治癒力

 自然治癒力(免疫力)を高める最も大きなもののひとつに「他者との共感」があります。
 同じ病気の人同士が会って話をするだけでも、そこに大きな共感が生まれて、治る力を後押ししてくれます。体の病気だけでなく、同じ心の病気や同じ不安や心配を抱えている者同士の語らいも自然治癒力を高める大きな要素になっています。
人は他者と共感することで、不安で重くなった心を軽くします。心が軽やかになると、今の自分を俯瞰して見ることができます。自分自身を客観的に見つめることができると、今やらなくてはならないこと、やった方がいいこと、やれること、心身の整理がついていきます。
 世の中を見渡すと人は足を引っ張り合いながら生きている人もいますが、人は本来、人間同士、磨き合いながら生きていくことができます。人と人が切磋琢磨しあって生きていくということは、陰陽でみると中庸なことです。陰に偏ると妬み拗ねみが強くなり、陽に偏ると罵詈雑言(ばりぞうごん)を浴びせたり、暴力を振るったりすることさえある。陰に偏っても陽に偏っても、人は不安定になっていくのですが、他者との共感は陰陽の偏りを中庸へ戻すハタラキがあります。
 食養指導を通して多くの人と関わらせてもらうなかで気づいたことです。不安な心を持っていると、その行動は一見するとムダな動きが多いものです。面談や電話で食養相談をしていても、本人の不安が拭い去らないと、疑問質問が多いばかりで実践が伴いません。ところが合宿や個別指導を通して泊りがけで生活を共にすると、実際の食養生活を体験することと、合宿の仲間や私との共感が大きな後押しとなって食養生活が軌道に乗っていきます。
 「迷ったら行動」私の心がけていることのひとつです。家の中で、日々の生活の中で、指をくわえて待っているだけでは、人生は好転しません。人生は行動と実践のなかから好転していきます。
 私の所に尋ねてくる人の多くは、人生の迷いに直面した人たちです。私も人生の迷いをマクロビオティックに救われたのですが、思い返せば、後に師匠になる大森英桜との出会いからでした。大森英桜に出会ったことで、自分の志すマクロビオティックの強い共感が湧き起こり、人生の一歩を踏み出せたのです。大森に会いに行こうという行動が無かったら、今もドコかでさまよっていたか、早々にあの世に行っていたかしれません。人生はオモシロイものです。行動が人生を左右します。共感が生きる力を湧出させます。人はパンのみにて生きるにあらず。人は新しい出会いの中から新たな力が湧き起こってきます。

自然と化学物質

 自然を見渡してみると、毎日、朝日が昇り、明るくなって、鳥や動物たちは動き回って、もちろん人間も活動して、夕日が沈んで、暗くなって、夜になります。曇りの日や雨や雪の日もありますから、毎日が明るいわけではありませんが、夜のように暗い日はありません。自然は毎日、暗い時と明るい時を交互に私たちに与えてくれます。もしも私たちが自然と一体的な生活をしていたら、自然のリズムに同調して、曇りや雨や雪の日のように気分もカラッとしない日が時々はあっても、ほとんどは毎日体も心もスカッと晴れやかで、夜になったらパタッと眠ることが出来るのです。
 朝日が昇って来ても寝床から起き上がれなかったり、夜になっても眠ることが出来なかったり、夜中に何度も目が覚めてしまうのは、体が自然から離れているよ、というサインであるのです。自然はスマートです。自然はリズムがあって心地よいものです。私たちの体と心も自然に同調していればスマートでリズムある生き方ができるのです。もし、そんな生き方ができていなかったら、体の中に不自然なものが溜まっているのか、または今も身体に不自然なものをため続けているかです。
 食べ物から不自然を取り込むことが現代では一番大きな元凶になっています。動物食や人工的なインスタント食品、化学添加物が使われたお菓子や総菜など、一般的な食糧品店のほとんどがそれで、自然な食品を探す方が難しい。
 食品だけではありません。洗剤や化粧品、衣類なども自然なものはほとんどなく、界面活性剤や人工染料を使ったものがほとんどです。住宅においても同様です。人工的な接着剤などを多用した住宅はシックハウス症候群が発症するくらいです。日本の国会の議員会館でもシックハウス症候群に悩まされる議員がいるくらいですから、日本の建築も食品と同様、根本的な問題があります。
 私たちの身の回り、特に衣食住に関しては、自然なものに囲まれて生きることが最も大事なことです。自動車や電車、飛行機なども移動の多い現代にあっては、衣食住に次ぐ触れる機会の多いものです。これらにも化学物質がたくさん使われています。長野新幹線が開通したばかりの頃、新車の新幹線「あさま」に乗ったら、ものすごい化学臭で閉口ならぬ閉鼻してしまいました。車にも化学物質がたくさん使われていますが、その化学物質を極力使用せずに車を作ろうと努力している海外のメーカーもありますから、日本車メーカーにも化学物質の弊害を伝えることは大事なことです。
 では、なぜ化学物質が体内に入ると私たちの体と心に問題を引き起こさせるのでしょうか。昔、実験用のネズミの背中にコールタールを塗ったら、背中がガン化したという話はあまりに有名です。ごま油とか菜種油とか植物性の油は肌にいくら塗ってもガン化しないのに石油を塗ったらガン化してしまう。これはいたって簡単なことで化学物質は体の中でうまく分解できないのです。化学物質の毒素をガン化することで分解解毒しようとしているといったらいいでしょう。
 そういう点からすると化学物質過敏症の方々は「いいものはいい、よくないものはよくない」という細胞レベルでの判断力がすぐれている人と言っていいでしょう。
 人間がこれから永続的に元気に暮らしていくには化学物質との付き合い方を再考しなくてはなりません。

 現代の病気と健康を考えると、化学物質は一番大きな問題を孕んでいます。化学物質が私たちのからだに入り込んでいなければ現代にある病気の大半はないでしょう。生活習慣病の根本原因に化学物質があります。欧米化された食生活が問題と云われますが、ヨーロッパの伝統的な食生活は身土不二に根ざし、病気を多発さるようなものではありませんでした。病気の根本原因はヨーロッパの伝統的な食生活ではなく、欧米が先駆けた化学物質が取り込まれた食生活にあります。
 肉、卵、乳製品、さらには養殖の魚介類などは、成長ホルモン剤や抗生物質抜きには語れません。家畜は自然な育て方をしていたら安価で毎日食べられるような食品ではないのです。
 動物食は、動物食そのものの問題ももちろんあるのですが、それ以上に動物食から取り込まれる化学物質に大きな問題があるのです。
 現代のマクロビオティックでは私たちの体に染みついたこれらの化学物質を如何に解毒するか、という問題が大きく横たわっています。生まれた時から化学物質を孕んでいるのが現代人の特徴です。さらに、生まれ落ちた環境にも化学物質がふんだんに使われ、食品にまで化学物質が入り込んでいる。宇宙的なものの見方をすれば、汚れた川に生み落とされたのが私たちであるのです。しかし、逆に考えると、汚れた川の掃除にこの世に舞い降りてきたのが私たちでもあるのです。
 化学物質を一切使わない生活は、飛躍過ぎて、現代ではなかなか難しい。もちろん、一切の化学物質を使わない生活をする人がいることは人類の叡智になります。ただ、多くの人と歩を進めていくのに現実的に努力できることは、まずは食べ物の化学物質を減らして、無くしていくことです。食べ物から化学物質が体内に入らなければ、人間は自然な生き方に目覚めます。自然な生き方が心地よく、元気と本気が湧き起こってきます。化学物質が入らない体は「やすらぎ」を感じます。人間は心底やすらぎを感じた時に本当の力が出るようになっています。
 体の中の化学物質を解毒排毒していくことが、現代のマクロビオティックの大きな使命です。食養の食べ方と生活に化学物質を排毒する術がつまっています。掃除、玄米食、断食は排毒には必須です。もちろん玄米や断食が合わない人がいますから、体質と体調を考慮することはひじょうに大事です。そんな人のために半断食や塩断ち(無塩食)を進める場合も多々あります。
 食に陰陽があるように化学物質にも陰陽があります。排毒症状に陰陽の症状があらわれます。毒素の陰陽に合わせた食と手当て、生活を繰り返していくことが、浄身、浄血、浄心に繋がります。この世の掃除に舞い降りた人生、キレイになることが何よりの喜びです。そんな人が一人でも増えたら、この世はきっと本当の意味で楽園になることでしょう。