モモを現代に

 「時間がない、時間がない」、よく聞くフレーズである。洗濯機や食洗器、掃除機のお陰で、本当は時間が十分あるはずなのだけど、なぜだか時間がないと感じている人が多いという。実際の時間もどんどん短くなっている。東京、大阪間も新幹線では3時間弱、飛行機を使えば1時間とちょっとで行ってしまう。20年以上前、鈍行電車で日本を旅したときは、大阪まで1日では着かなかったのを覚えている。今話題の超電導リニアが開通してしまったら、東京大阪間は30分になるようだ。ヨーロッパに行ったときも、成田からパリまで12時間あまりで着いてしまった。
 科学技術の発達が時間をどんどん短くしている。時間がドンドン短くなるがゆえに、私たち現代人は「時間がない、時間がない」というジレンマにおちいっている。能率、効率を求めれば求めるほど時間は短縮していくのだが、結果「時間がなくなっていく」。科学技術が結果的に時間ドロボウになっている。まさにミヒャエル・エンデの「モモ」のようなことが現代でおこっている。科学技術の発達は、時間を短縮するのと並行して、私たちの時間までも短縮してしまっているのかもしれない。
 ひるがえって、「時間がない」ことは私たちの体でも同じようなことがおこっているのかもしれない。
 体の中の飽和エネルギーを処理する時間がないのだ。処理とは消化吸収、分解排毒である。消化するにはあまりに多い空虚なカロリー。空虚であるからこそ多大なカロリーを摂取しているともいえる。さらに分解排毒がされにくい自然から離れた食品の氾濫。多くの化学調味料は石油から作られている。石油は地球が何万年もかけても分解されずに地下深くに溜まった動植物の死骸の油だ。何万年もかけて分解されなかったものが、私たちの体で数十年のうちに分解されるはずがない。
 人類が初めて人工的に作ったガンは、ラットの背中に石油を塗っていたらガンができたという。そんな石油を食品や化粧品、シャンプーやリンスで体に使用していたらガンが国民病になるのは当たり前である。ガンこそ体の中で分解排毒できなかった細胞であるのだから。
 体の中で飽和になったエネルギーの処理する時間がないがために、万事「時間がない」現象が生理的にも心理的にも引き起こされているのではないかと思う。
 断食は時間ドロボウから時間を奪い返すモモではないかと私は思う。まずは胃腸を疲れから開放してあげることである。胃腸の疲れが解消し、細胞の疲れが解消されてくると、時間はどんどん生まれてくる。時間があるかないか、それは私たちの体のなかにその秘密がある。
 断食を体験した人の多くは、体と心の中が整理されて、自分の本当の時間を取り戻している。
 「合宿に来る直前までは、頭の中がごちゃごちゃでパンパン。気持ちもソワソワ、ずっと何かに追われているようで、ここ数日は何も考えたくない、と思っていました。それが今、合宿を振り返ると、ちゃんとできていて、頭の中はスッキリ、体も心も軽くなっています。本当に断食で自分を取り戻したようです」
 断食を体験した人の多くがこのような感想が湧いてくる。そして、時間ドロボウから時間を取り戻したら、人は自然と夢や希望が湧きおこってくる。「ごちゃごちゃ、ソワソワの原因を作っていたのは、今やっていることが何に向かっているのかが明確になっていないからだと気づくことができた」と前述の人。時間を取り戻すには胃腸を軽くすることは「はじめの一歩」なのだと思う。